Staff Blog

2016年12月

2016.12.09

保険の仕組み 後編

 

前回続き

便利ですよね^^ 自動車保険^^

 

事故の相手に弁償できるし、

自分の愛車を補償できるし、

自分や同乗者のケガも補償される

 

といった内容ですが

じつは、自動車保険はこれらを種類として分解できます。

保険の「種類」テキに、分解するんです。

 

1つめは、他人にごめんなさいの補償ですので、賠償保険です。

2つめは、自分の財産の補償ですので、種類としては火災保険です。

3つめは、すぐにピンとくると思いますが、ケガなので傷害保険です。

 

 

損保業界のヒトは

よく「ヒト・モノ・バイショウ」と言います。

(順番が逆ですが)

 

そして、この世に存在する損害保険は

元をたどっていくと、必ずこの3つのどれかに(ほぼ)属します。

ホントに。

 

 

事業に必要な保険で

不当解雇に対応する保険やPL保険では補償されないリコール保険など

少し、マニアックな保険もありますが、

保険の種類的にこじつければ(費用の補償なので)これらも火災保険です。

 

 

つまり。

・自動車保険は、3つの保険で構成(構造、仕掛け)されている

・損保は、種類でわけると3つのタイプにわかれる

 

 

と、いうことは。

 

保険の仕組み=自動車保険なのです!!!

 

 

結論。

冒頭(前編)のワード「保険の仕組みは自動車保険」とは。

自動車保険を構成する保険の種類が、

保険の全体的な仕組みそのものを表しているということです!

 

おわかりいただけたでしょうか^^

 

 

お金なくても電気・ガス・水道は払いますよね?

自動車保険も、同じですよね?

 

では、自動車保険を分解してでてくる

ヒト・モノ・バイショウ

これらの心配ごとに対して、お金を払ってますか?

ホントに?

 

もし、気づいていないことがあったとしたら。

クルマを無保険で走っていることに(近く)なりますよ?

 

 

とくに…お店や商売、つまり事業を継続していくために

本来は「必要な補償」がある。

 

しかし、そのことをまったく知らずに

クルマ(事業)を無保険で

しかも、皆さんけっこうイイ感じのスピードで

走っているテイの経営者の方、ホント多いです。

ホントに!

 

 

…あ~、ホント、教えてさしあげたい!

そんな気持ちで毎日、クルマを走らせてます。

じつは。

 

なので、心配なことを教えてくださいね。

安心してください。

しつこくしませんよ?

ホントに 笑

 

 

最後に、ちなみに ですが…

バサっ!とハナシ変わります^^

 

福沢諭吉さんは「わずかの金を捨てて大難を逃れる」と仰せですが、

今は「それなりの金を捨てずに保障を確保する」手段があります。

(カラダの保障)

 

特に20代~30代 健康そのもので

「自分はまだ若いから保険なんてイラネー」

と思っている方。

 

そんな方はぜひ!お問い合わせくださーい^^

 ホントに!

2016.12.09

保険の仕組み 前編

保険の仕組みについて、チョット書いてみようと思います^^

今回の結論を先に書きますと「自動車保険」なんです。

 

あ? なんで? 自動車保険??

と、思っていただけたなら。

 

あなたは見事に釣られています 笑

では、続けます 笑

 

 

「保険とは」で検索すると

「一人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度」(福沢諭吉)

 

― うーん。深い。

じつに、言い得て妙 ですね。

     ↑一回、使ってみたかった 笑

 

「仕組み」で検索すると

「機械などの組み立てた物の構造、物事の組み立て、仕掛け」です。

 

と、なると「保険の仕組み」とは

一人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度 の構造、仕掛け

 

と、なりますね^^

 

一人の災難を大勢で分かち合うだなんて!

なんて、素晴らしいことなのでしょう!!

 

お互いを思う気持ち。

美しい日本の文化です。

相互扶助ということですね。

 

あ、でも相互扶助というと「保険」ではなく「共済」ですね…

 

ちなみに…

保険と共済の違いってご存知でしたか?

加入する側からみると補償・保障の中身は似ていますよね。

 

難しいハナシはバサっ!

と、すべて抜きにして簡単に言いますと

保険は不特定多数で、共済は特定多数です。

 

 

ハナシを戻します(*’’)

ここまでは、言葉の解釈と文章の解説にすぎませんね。

 

 

誰しも、電気・ガス・水道といった公共料金のように

あたりまえのように払っている、自動車保険。

(たま~に…無保険の方も居ますが^^;

 

何故、あたりまえのように払っているか? と聞くと

「もし、相手に大ケガをさせてしまったら、自分では払えないから」

という答えが一番多いですね。

 

「せっかくの新車だから、もし、盗まれたらどうしようもないから」

という方もいますし、

「自分の運転で大勢乗っけてるときにヘマしちゃって、ケガさせたら困るから」

という場合もありますね。

 

また、事故経験のある上級者(?)の方だと

実際にご苦労されたご経験から

 

「相手が絶対、保険をかけているとは言えないから」

 

「スーパーで買い物してクルマに戻ってみたら、愛車がぶつけられてた事があったから 怒」

 

「おもいっきりセンターラインはみ出てきたクルマをよけておもわず左のガードレールに突っ込んだら悪いのは相手なのに自分で補償するしかないから 怒怒」

 

などなど、

このようなことも(たまに)あります。

 

 

さて。 

やっと…本題なのですが。

(前置きが長くて…スミマセン^^;

 

あ…ホト長くなってしまいました 大汗

いったん、区切ります^^

(次をご覧ください)

(※昔のってた愛車です^^)

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    会社案内

    TQconsultants株式会社
    〒243-0422
    神奈川県海老名市中新田2-10-23
    TEL:046-292-0130
    FAX:046-292-0131
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:土休日
    MAIL:info@tqcon.net

    Copyright (C) 保険のことならTQC ティーキューコンサルタンツ/TQconsultants株式会社 All Rights Reserved.