Staff Blog

2017.01.25

声援の条件 ~深イイはなし~ 後編

 

※前編からの続き

 

「えー、別にカッコ悪くないよ」

彼女は視線をコースに向けたまま答えた。

ランナーたちを励ますように、手を叩いている。

 

「でもあんなにヨタヨタなんだぜ」

 

「それでも、前に進もうとしているから凄いじゃない。

 私たちなんて、出場すらしてないんだからね」

 

彼女の言葉を聞いて、青年は心に痛みを感じた。

何かが心をえぐったような気がした。

カッコ悪くヨタヨタと走っているランナーと、それを傍から見て

「カッコ悪い」と評している自分。

少しずつ遠ざかるランナーの背中を見た。

 

旗を振り、手を叩き、「がんばれー!」と応援している沿道の人たち。

カッコ悪いランナーは、みんなから熱い声援を受けている。

 

自分はどうだ。

 

ポケットに手を突っ込んで立ったまま、

ランナーを「カッコ悪い」と冷めた目で評している自分を、

今、いったい何人の人が応援してくれている?

 

ランナーの背中を見た時には

彼を応援する観客たちの歓声が聞こえたのに、

その照準を自分に移してみると、まるで田舎の平原のように

誰の声も聞こえなくなってしまった。

今の自分を応援している声は、ひとつもない。

カッコ悪いのは、自分のほうだ―――。

 

 

借金を抱えても、年収が下がっても、お客さんがこなくても、

みんな諦めずに前へ前へと進んでいる。

だから応援してくれる人も、きっといる。

 

自分は、スタートラインに立ったわけでもないのに、

傍から見て「カッコ悪い」と評しているだけだ。

思いっきりカッコ悪い。応援をしてくれる人が、いるわけない。

 

自分は孤独なのだということを、そして

なぜ孤独なのかということを、分かった気がした。

 

「なに、感動したの?」

 

静寂な中で彼女の声が聞こえ、青年はハッと我に返った。

再び、観客たちの声援が耳にはいってくるようになった。

知らないうちに、目が潤んでいた。

 

青年は一呼吸して、彼女に言った。

「もし俺がヨタヨタとカッコ悪く走っていても、応援してくれるか」

 

「うん、するよ」

 

彼女の答えを聞く間もなく、

青年の顔から笑みがこぼれた。

久しぶりに彼女に見せた笑顔たった。

冷めた目が、覚めた目になっていた。

 

そして二人は、手をつないで家に帰っていった―――。

 

おわり

------------------------------------------------------------

 

 

いかがでしたか?

私は、読み返すたびに彼らから勇気をもらいます。

特に青年の彼女と、壮年ランナーです。

非常に深イイと思います。

 

「今は支援・応援してくれる人はいない」

と思っていた青年の一番近くに、実は、一番応援してくれる彼女がいた。

「そして、なぜ孤独なのかということを分かった気がした」

見えてなかったことが見えたんですね。

ここも、大変に深イイですよね。

 

私もまた、おかげさまで起業しました。

多くのお客様からご支援・ご声援を頂いています。

ありがとうございます。

 

この物語に出会った12年前と今を比べれば、

当然、多くの経験を積ませてもらいました。

しかし、見えてないことはまだまだ、たくさんあると思います。

なので・・・カッコ悪い私を見捨てないでくださいね 笑

 

「声援の条件 深イイはなし」

私のように起業したての方や、これから起業する方の励みとなれば

嬉しいです^^

カレンダー

«1月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    会社案内

    TQconsultants株式会社
    〒243-0422
    神奈川県海老名市中新田2-10-23
    TEL:046-292-0130
    FAX:046-292-0131
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:土休日
    MAIL:info@tqcon.net

    Copyright (C) 保険のことならTQC ティーキューコンサルタンツ/TQconsultants株式会社 All Rights Reserved.