Staff Blog

2017年12月

2017.12.26

ガンへの備え -収入編-

 

こんにちは!

保険スタイリスト 福田静香です。

前回のブログで『がんへの備えについてお話ししまして、

で、どうしたらいいのよ~!?

と言われました。

 

まず!『知ること』が大切です☆

(が、心配だけどそれすら面倒だっ!って人は、丸っと投げてくださいw)

知らないと…どう備える?どころか、まず備えようとも思いません。

これってすごく怖いことなんですよ((+_+))

 

ちょっと想像してみてください。

みなさん車を買ったら、当たり前のように自動車保険に入りますよね?

でもこれって『自賠責保険じゃ補償が足らず、任意保険に入っておく必要がある』

ってことを知っているから備えているんです。

 

実際にいらっしゃるんです。

任意保険に入らず、車に乗っておられる方。

今、こわっ!!って思いませんでしたか?

事故なんていつ何時起こるか分からないのに何の備えもされてない。

自分はきちんと運転していたとしても、事故にあってしまうこともあるのです。

 

なので、ブログを読んでくださってる皆さま☆

備えの土台作りして頂いてありがとうございます!

万が一の時に困らないように、サポートの一端担わせてくださいね☆

 

ではでは、前置きが長くなってしましましたが前回のお話の続きです。

これはガンに限らないのですが、実際に『入院から通院』にシフトしてきたことで、

何が困ると思いますか?

 

治療はいつまで続くの?

病院に通うだけでも大変だな。。

今後どの位の費用が掛かってくるのかわからない。。

通院のために仕事を休まないといけないな。。

そう何度も何度も休暇は取りづらいな。。

度重なる休暇等で収入が減ってしまった。。

周りの目も気になる、でも働かなければ治療費が。。

 

そうなんです。

治療費がかかる というだけでなく、収入も減少する可能性があること。

先行きの見えない不安で精神的な負担も増えてしまうんです。

 

実際に2010年の調査ではガンを患った約7割もの方が、

年収ベースで4割減にもなることがわかりました。

しかも収入が減少しても税金関係は前年度の収入に応じて計算されているので、

その年の負担はさらに大きくなります。

お勤め先の企業規模や自営業かどうかなどによっても負担感は変わってきますよね。

私もそうですが、特に子育て世代の負担増は、

教育費や住宅ローンなどによってより厳しいものとなりかねません。

 

『病院での治療の在り方が変わってきたのであれば、備え方も変えていかなければならない』

ということなんです。

 

ご自身の収入に対しての備えっていかがですか?

何か気になることがあれば、こちらからメッセージくださいね

友だち追加

うちの備えってどうなってるの?などもご相談に乗ります^^ 

 

次回、まだまだお伝えしたいガンへの備え。

パート3は女性のガンについてです。

 

今年もあと残すところあとわずかですね!

忙しい時期ではありますが体調など崩されませんよう、ご自愛くださいませ^^

では皆さま、よいお年をお迎えください(*_ _)

保険スタイリスト 福田

カレンダー

«12月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    会社案内

    TQconsultants株式会社
    〒243-0422
    神奈川県海老名市中新田2-10-23
    TEL:046-292-0130
    FAX:046-292-0131
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:土休日
    MAIL:info@tqcon.net

    Copyright (C) 保険のことならTQC ティーキューコンサルタンツ/TQconsultants株式会社 All Rights Reserved.